和田病院ご案内

交通案内

初診の皆様へ

鼠径ヘルニア

CTによる大腸仮想内視鏡検査

高血圧治療について

糖尿病治療について

男性更年期外来

認知症外来

睡眠の豆知識

睡眠障害の治療

職員募集

居宅サービス

受付時間のご案内

  • 午前8:30~12:30
  • 午後14:30~16:30
  • 休診日
  • ・土曜日の午後
    ・日曜日・祝日

当院へアクセス

浜特別養護老人ホーム

担当医師のご紹介

院長 和田 讓二 (外科)

副院長 和田 譲二 (外科)
外科では、怪我の治療、処置を中心に、やけど、皮膚感染症(アテローム等)、爪周囲炎、巻き爪、爪白癬症等を中心におこなっております。また、各種漢方薬の処方も行っております。 入院手術では、特にそけいヘルニア、肛門疾患(注射療法を中心にした痔核手術等)、腹腔鏡手術(胆石症、虫垂炎、そけいヘルニア等)を中心におこなっております。 検査では、経鼻からの胃カメラ(火曜日、金曜日)、大腸カメラ(水曜日)をおこなっております。

副院長 林 則宏 (内科)

内科部長 林 則宏 (内科)
近年の医療は高度化し、臨床医学における医師の専門化、細分化には著しいものがあります。特に大学病院などの大きな病院ではその傾向は強く、それぞれ臓器別に専門分野を持ち、優れた情報や知識の習得をしています。 しかし、現実に病院を訪れる患者さんの多くは複数の疾患を抱えていますから、各分野の専門医師は連携して適切な診断や治療を施さなくてはなりません。そこで、初期臨床医学として患者さんの訴えに対応でき、的確に診断を行う必要があります。当科では内科系のすべての疾患を対象としており、患者さんに対して疾患や臓器に偏らない全人的医療を実施しています。 当院の全てのスタッフ・機器を有効に活用し、患者さんにとって最適な診療が行われるように努力しています。
‐今日の患者さんが求める医師像である-
〔1〕患者の身になって対応できる豊かな人間性
〔2〕患者の問題解決に貢献する能力
〔3〕世界基準に適う医学知識・技術
〔4〕独創的な研究能力を備える内科
を日々探求しながら、診断・治療を効率的・科学的に実践しています。 糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病、風邪症状や発熱、胃腸障害、喘息、リウマチなどはもちろんのこと、何となく体がだるい、寝れない、頭が痛い、食欲がなくなってきたなどの大学病院などで何科に行っていいか分からないような症状でも気軽にご相談ください。また、昨今病気をテーマにしたテレビ番組が数多くあり、視聴後に心配になり自分も病気なのではと感じられる方が多くおられますが、そのような場合でも気軽にお越しください。

整形外科部長 奥田 均(整形外科)

仲田 公彦(整形外科・リウマチ科)
2017年4月より和田病院に勤務させていただいております。
大阪生まれの大阪育ち。幼少期より近隣に居住し、1982年大阪市立大学を卒業しました。
永らく大阪市内から離れた病院に勤務しておりましたが、 縁あって、この度地元に帰ってまりました。
微力ながら地域の皆様方のお役に立てますよう全力を尽くす所存です。
よろしくお願いいたします。